sugar

感想文

「湯を沸かすほどの熱い愛」

宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」(タイトル言いにくい)を観ました。

 

平日の朝なのにお客さん結構入っててレディースデイだから女性ばかりで、あちらこちらで爆泣する声が聞こえてきてました。もう!うるせえよ!みんなして泣くんじゃねえ!すすり泣くな!うるせえうるせえ!と思いながら、私も当たり前のように爆泣しましたありがとうございます。私は感動しているとかしていないとかそういう次元ではなく本当に何でもないてしまうのです、泣くというハードルが低すぎるのです。特に後半45分くらいは涙が止まらず喉と鼻が痛くて喉と鼻いてえええええと思いながら観てました。でも、そんなに良い話というわけではなく、ただ泣いてしまっただけなんですけどね。

 

某タレントさんがツイッターにある映画について批判?していたんですが、(具体的なタイトルなどは出さずに)冒頭3分で「あ、この映画のことだな」ってすぐわかりました。そのツイッターを観ていたからかもしれませんが、やっぱり沢山ある該当シーンには違和感がすごくあって、おぉ…ってなりました。調べたらこの映画を撮った監督の過去の作品ほぼほぼ変態性の高いものだったので、なるほど、と思いました。まぁ見ていて気持ちのいいものではなかったな。

 

銭湯のお湯の張られてない湯船の中で自分の病気のことを知った宮沢りえが泣くシーンですが、夕方から夜にかけて、宮沢りえの顔の部分にちょうど西日が差していて(しかも矩形をぼかしたような?ネタが入っているような?)色もオレンジじゃなくてなんか謎の黄ばんだ色でした。でも実際、部屋の中に入ってくる西日って、黄色ですよね。外に出たら真オレンジだけど、部屋の中は黄色っぽいです。壁の色かな?分かりません。そこの照明がとても演劇っぽくて(いや知らんけどごめんなさい知りません、っぽくてとか知りません)綺麗だな~と思いました。いやでも、単純に光に当たってる宮沢りえさんの顔面が綺麗でした。(クソ感想)

 

オダギリジョーは先日見た「オーバーフェンス」の時とルックスが全く同じで、撮影時期かぶってたのでは?この人忙しいなおい体調大丈夫か?という心配をしました。パーマかけるの似合ってるし40歳には思えないかっこよさと色気があるのでどうしても添い寝をしてほしいです。よろしくお願いします。もうこれ映画関係ない私の願望。

 

で!鮎子役の、伊東蒼ちゃんという、子役の女優さんが素晴らしくて脳内スタンディングオベーションしてしまいました。なんて上手なの!とんでもなく器用な女優さんです。子役の子ってみんなもれなく可愛くて愛らしくて演技上手いじゃないですか。でもこの子群を抜いてるんじゃないかと思いました。表情も、ちゃんと子どもなのにどこか大人っぽくて本当に器用だ~~~。今後に超期待してます!学校とお仕事の両立がんばれ!(大きなお世話)

  

女は、母親は、強いなぁと改めて感じる事のできる映画でした。いざというときの女の強さは男の物理的な強さなんて超えていくほどの気迫があるのだな!女性の強さが清々しい映画です。でも、この宮沢りえ演じる主人公の人柄が苦手な人も絶対いるだろうな~~~。宮沢りえさんが美人です!宮沢りえさんが美人なことは全国共通認識なので改めてここで書くことでもないけど、それでも書かずにはいられないほどの美人!

 

f:id:isobebuta:20161121005605j:image

「グッドモーニングショー」

レディースデイの映画館は朝から女性だらけでビビった。

 

予告編で流れていたカナブーンの主題歌が爽やかでよいなー声高いなーと思って覚えていたグッドモーニングショーがあと2日で上映終了だと知って急いで観に行きました。この映画、キャストが地味に豪華では!中井貴一長澤まさみ志田未来池内博之林遣都梶原善木南晴夏大東駿介濱田岳、吉田羊、松重豊時任三郎。豪華!すごいすごい!豪華!みんな見たことある人!わーい!中井喜一と長澤まさみくらいしか出演者知らずの状態で観に行ったらすげえいっぱい出てるうわぁぁぁぁ!

 

え、また吉田羊?めっちゃ映画出てるやん!そりゃ過労で倒れるよ御自愛下さい羊さん~~~ってなって、中井貴一が出勤したら職場の人たち豪華すぎて、うわぁぁぁぁ!池内博之久々に観たぁぁぁやっぱかっこいいな~~~顔面かっこいい~~~天国に一番近い男の時好きやったんやけど当時からもう20年近く経ってるのに全然劣化してないのまじすごいまじすごい!あ!え!木南晴夏さん!かわいいかわいい!木南さんメンヘラの役ばっかりしてるけど、こういう普通の女性の役の方が絶対かわいいよだって顔面が抜群にかわいいから~~~!志田未来も出とんか~~~い豪華~~~!志田未来の着てるカーディガンめっちゃくちゃかわいい!お花!未来ちゃんが着るとかわいさ5000倍!ありがとう!そんで林遣都くんってこんなにもイケメンだったのかよまじでノーマークすぎたわ、容姿パーフェクトかよそして演技も上手いし最高やん!他に何の作品に出てるか全く思い出せないくらいには何の感情もなかった俳優さんでしたが、一気に好きです軽率ですみません。で、大東くん!「中継なら任せとけっ」みたいな台詞吐いて中継用のカメラ背負ってバイクで走り出すシーン似合いすぎて笑った。よぉっ!男前!こういうバカみたいな感想しか出てこないくらいテンションの上がる豪華さでした。

 

お話は普通でした~。

予告編で好きになったカナブーンの曲もエンディングでしか流れなかったしエンディングなんかぬるっと終わっていったので消化不良とまではいかんけど、普通でした。でも近くに座っていたお婆さん2人組みがケラケラと笑いながら観ていたので良い時間を過ごしたな~~~と思ってます。

 

その日1日だけを切り取った映画だったのがおもしろいなと思いました。中井喜一が朝起きて出勤して帰宅するまでの時間しか描かれてなくて好きでした。後日談とかなくてスッキリしてて良き。リアリティないけど、ファンタジーとして。

 

長澤まさみは幾つになってもかわいいな、という結論に至る映画でした(雑) 

 

「SCOOP!」

大根仁監督、福山雅治二階堂ふみ主演の「SCOOP!」観ました。

 

どうでもいいけど、おおねじん監督かとずっと思ってたらおおねひとし監督だったすみませんでした。80年代?に放映されたテレビ映画のリメイク的な感じらしく、その原作になったテレビ映画の監督さんが、「この配役完璧!ふぇ~い!」みたいな感じで言ってたから楽しみにしていました。

 

とにかくゲスで下品な福山雅治がずっっっとかっこいい映画です福山さん好き。大げさでTHEそういうヤツみたいな芝居するけどもう何してもかっこよくて色気のある福山雅治に劇中の二階堂ふみちゃんが惚れていく様子がもう共感しかなくて「あ~~~~」ってなりました。都城静(福山演じる)、最高だ抱いてくれって全女が思う。絶対に。「いや~?私は別にそんなに思わんかったけどな~?」と言っている女の人がいたらそれは嘘です。全女が惚れる都城静。ありがとうございました。二階堂ふみちゃんも全身がかわいくて本当に最高でした。静と野火の2ショットが堪能できるだけでもお金払う価値のある映像。二階堂ふみちゃんの写真集は必ず買います必ず。こういう時のAmazon便利かよ。

 

やっぱり夜は、車内も社内も道路もどこもここも「緑」です。緑って、信号の青とか非常灯とかしかないけど。やっぱり夜は緑だな、どんな映画見てもそう思います。あと朝はこれでもかっていうくらい窓から光差し込みがち。SCOOP!でも、早朝の静の家、窓という窓全てから異常なまでの朝日が差し込んでました。あそこまで異常に朝日が差し込む家、どんだけ日当たり良い場所選んだんお前ってなるけど、実際の早朝の窓から朝日差し込み具合は関係なくて、光差し込ませた方がいいから差し込んでるわけなので、違和感ゼロだから、そういうことです。実際の、とか、設定、とか、野暮です。あと冬の早朝(野外)は、画を観ただけで超寒そう。色合いが寒そう。灰色とライトブルーを混ぜた感じの色合いでした。多分、夏と冬では、同じ早朝でも色合いが違うんだろうな。ピーーーーーーーンみたいな音がするような色合いが冬の早朝。ピーーーーーン。一晩中飲み歩いてた翌朝のピーーーーーーン感が尋常じゃない感じは共感してもらえると思うんですが、そのピーーーーンがありました。画の色合いだけで思い出す嫌悪感すごいな。

 

エンドロールは、車内の静と野火の2ショットをフロントガラスの方向から撮ってる定点カメラ映像みたいなものでした。雨の日のフロントガラスは、見事にブルーグリーンでした。現実、いくら雨が降ったところでブルーグリーンの光が車内に入ることなんて確実にないけど、でも、だからやっぱりそういう事か。雨が降ったらそういうイメージという事です。青とか緑とか。あ、でも決めつけよくない。あの2人の2ショットフロントガラス方面からの定点カメラ映像売ってほしい。美しい2人があの狭苦しい車内で過ごしている時間というだけで延々観れるし、勉強になる。光だけでどこにいるか分かるしイメージ膨らむ映像、売ってください!

 

福山雅治二階堂ふみの2ショットを観れているだけで大満足だし、脇を固める役者陣も(特にリリーフランキーさん最高最高最高最高)素晴らしくて、お話もスピード感があって楽しめたのですが、ただ1つ、静と野火のセクシーシーンの撮り方あれなんなん?どしたん?って普通に思って冷めました。それまで散々ゲスで下品で最低な都城静という福山雅治の色気を全面に押し出してきていて、それに惚れていってしまうんだろうなああやっぱりそうだよね分かるよふみちゃんあああってなっていたのに、急に超絶意味の分からないタイミングで、めっちゃくちゃ綺麗な、光当たりまくりの白飛びしまくりのセクシーシーン入ってきて、「…。」ってなりました。いや、大根監督もっと生々しいの撮れるやん!ここでそういうのくださいよ!もしふみちゃんの事務所的な関係のアレでそういうのNGなら、もういっそこういうシーンいらんかったですやん!でもふみちゃん他の映画で結構生々しいやつとか撮ってますやん!どしたん!なんか急に画面全体が真っ白の、セクシーシーンをごまかしました、みたいな画が入ってきたのでなんか浮いちゃってたような気がして、心が一気にゼロ状態に戻されてしまいました。流れって大事だな、演劇でもよく起こっているのではないかという現象でした。別にそういうシーンが見たいとかいう事ではなく、流れに合ってない急な白飛び映像だったので、おい?!ってなっただけです、批判ではないです素人が偉そうにすみません。

 

まあ、とにかくこれ買いますありがとうございました。楽しかったです。

 

月刊 二階堂ふみ

月刊 二階堂ふみ